最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー
    • カテゴリーなし

    所沢風俗ベイビーズでもって極まりないズサン運営遊園地

    でも、間違っていなかった。そして、スタッキーがわたしを待っていた。待ち伏せされてるなんて、わたしは夢にも思ってなかったのよ」デリヘル店長の呼吸が荒くなった。胸の動惇も激しい。手のひらまで汗ばんでいる。終わったことなのに。それなのに、どうしてまたこんなふうになってしまうの?「スタッキーはわたしを柱に縛りつけて、無理やり見させた。二人の女性を切り刻むところを。一人目の頭を砕くときにわたしが目をつぶったら、その罰として二人目が殺されたの。ちゃんと見ないと、何人でも連れてくるとスタッキーは言ったわ。犠牲者の苦悶や悲鳴なんて、スタッキーにとってはまったくなんでもなかった」釦ああ、息が苦しい。いったいいつになったら、あのすがるような視線を忘れられるの?いつになったら、断野末魔の叫びが聞こえなくなるの?「スタッキーが二人を殴り、切り、ばらばらにするのを、わたしは見てたのよ、初めから終わりまで、ずつと。そのときの無力感といったら・たまらなかった」デリヘル店長は窓の外の月と星を見上げた。「すぐそばにいたのよ。所沢風俗ベイビーズ などは」思わず自分の胸を抱いた。あのときの感覚ははっきり掌えている。所沢風俗ベイビーズの「わたしはすぐそばにいたから、熟女たちの血も浴びたし、脳の塊や骨のかけらが飛んできたわ」「だけど、逮捕したんだろう?」?ええ。